文字サイズ変更


FMスクリーニングの比較

FMスクリーニングの特長

網点比較

従来のAMスクリーニングでは、一定の間隔で並ぶ網点の直径を変え濃淡を表現することから、モアレ・色ずれ・ロゼッタパターンなどの発生が問題とされてきました。しかしFMスクリーニングでは、より微小なマイクロドットをランダムに発生させ、その疎密さによって濃淡を表現することで、上記問題の解消と、より繊細な写真表現を可能にしています。

網点比較画像
  • ※モアレ
    規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた時に、それらの周期のずれにより視覚的に発生する縞模様のことです。
  • ※ロゼッタパターン
    AMスクリーニングによる製版方法で、特定のパターン構造によって発生する甲羅模様のことです。

インクの安定性

トラッピング(各色のインク転移量格差)の変動や、モットリング(用紙表面のインク吸収格差などによる濃度ムラ)による印刷のばらつきを抑え、高品質な印刷を実現し、その品質は常に安定したものとなります。

FMのメリット AMのデメリット

色々な素材への印刷

FMスクリーニングは、コート紙、上質紙、再生紙、新聞紙などの様々な素材への印刷に適しています。シャドー部の優れた再現性、高い濃度域、高い色再現域等の特性を持ち、ポスター、カタログ、書籍、ダイレクトメール、包装紙、新聞などの幅広い印刷用途に有効です。

特長

  • きめ細かな階調表現で、写真画質の再現性
  • 紙を選ばない安定品質
  • 線切れやロゼッタパターン、モアレの解消で、デザインの自由度アップ

FMスクリーニングに適した印刷物

  • 糸目の細かな風味を表現したい、芭蕉布や花織などの反物のカタログや作品集
  • 細部の造形や色調の細やかな表現を、確実に再現したい写真集や画集
  • 色と光の繊細な煌きを表現したい、ガラス工芸品のカタログや作品集
  • ビビッドなシズル感を表現したい、ビールや清涼飲料水のポスター
  • メタリックな光沢を表現したい、精密機器や車などのカタログ、パンフレット

▲このページのTOPへ戻る